Posted on and Updated on

お宮参りは着物で

お宮参りに行きます時には着物が一番おすすめです。
赤ちゃんに授乳しにくいというデメリットはありますから、お出かけ前にささっと着付けまして、お宮参りを済ませました段階でささっと脱いでしまえるタイプですと一番良いでしょう。
妊娠した後の肥立ちもまだまだというお宮参りの時期ですから、洋服が服に合わないということが多い時期です。
スカートのウエストが入らない、ジャケットのバスト部分がきつくなってしまっている、と洋服では身に合わないところが多いこの時期ですから着物という余裕のある生地使いの衣装が最もふさわしいといえるでしょう。
もちろん、お宮参りの最中に赤ちゃんの喉が渇いてしまったり、お腹が空いてしまったりした時のために哺乳瓶とミルクを用意しておっく事も大切です。
晴れの日に日本の民族衣装、着物でお参りすることは家族の思い出に残る素敵な日和になるでしょう。
暑い季節や寒い季節はちょっとお宮参りをお控えになって、良い季節に出かけられることをオススメします。
晴れの日の和装の写真を家族で楽しんでみませんか?
お宮参りのあとにお食事などを予定されています場合には、授乳しやすいタイプの衣装に着替えられるようにあらかじめ準備しておきましょう。
伝統ある衣装でのお宮参りは格式があって良いものです。
洋装ならばスーツやワンピーススタイルが良いとされています。
和装スタイルではこの場合、格式高い着物でなくても良いでしょう。
赤ちゃんを抱っこしやすいタイプの小紋などでも良いとされています。
赤ちゃんが育ったら、古い着物の処分を済ませ、新たな高価な着物にしても良いでしょう。
格式高い着物で赤ちゃんを抱っこしてしまいますと吐きこぼしや汚れがついてしまいますとそれは大変です。

着物の足元は足袋に草履と決まっていますが、ファッションの一部としてお好きな履物を選ばれても良いでしょう。
お子様の七五三参りなどでは歩きやすい普段のお靴をお召しになっているお子様をよく見かけます。
和装と洋装の融合があってこそ、着物スタイルに未来があるといえるのです。

Posted on and Updated on

ネタバレ福袋であっても、そうでなくても

ここ数年、ネット上で「鬱袋」という表現が広まっています。これはどう見ても売れ残りとしか思えない商品、人気のない商品をひとまとめにして在庫処分を行うような福袋の事を指しています。福どころか碌でもないものだけが詰まっているということでこのような表現がなされています。ネタバレ福袋とは逆の世界ですね。かく言う私も、以前この「鬱袋」を買ってしまったことがあります。

私はTVゲームが大好きなのですが、そういったショップでもやはり福袋を売っているのです。当時学生だった私は、なけなしのお年玉を握りしめてゲームショップの福袋を買いに行きました。そしてその場に合った福袋を二つ購入して嬉々として家路についたのです。

しかし、私に突き付けられた現実は残酷でした。まず片方の福袋には、同じゲームが三本も入っていたのです。しかもそのゲームは、話題作でありながら杜撰な出来であったということでネット上で知られるゲームでした。子供心にも、この福袋は在庫処分に他ならないことは容易に想像が出来ました。気を取り直して開けたもう一つの袋には、同じゲームこそ入ってはいませんでした。その代わり、入っていたのは全て旧型ゲーム機用のゲームソフトだったのです。当時の私は深い悲しみを抱きました。

その事を教訓に、私は福袋について幾らか調べることになりました。そして、所謂鬱袋の見分け方についてちょっとした知識を得たのです。
まず第一に、地方の中小店舗で福袋を購入しないことです。特にチェーン店でない店では評判を気にせず在庫処分を行うことも多く、福袋には不安が残ります。大規模チェーン店や有名店舗であれば、昨年以前の福袋の内容を見てある程度中身を推測できるため安心して購入できます。

もう一つ、事前に店員さんと仲良くなる、という手段があります。店員さんと仲良くなっていると、場合によっては福袋は回避した方が良い、またはこの値段の福袋はお勧めできるという情報をくれることがあります。福袋を狙うお店が自分が良く使う店舗であるという方は試してみてはいかがでしょうか。

せっかく目出度いお正月に買うのですから、福袋の中身は楽しい・嬉しい商品であってほしいものです。だったら福袋 ネタバレになっていたほうが助かります。どうか皆さんも、本当に福が詰まった福袋を手に入れて下さいね。

Posted on

北海道のラム肉 メイクス ミー ハッピー

タイトルから見てわかる通り、私は今北海道にいます!
会社の出張です。

東京から約2時間。
漠然と遠いイメージのあった北海道ですが、実際飛行機に乗って来てしまえばなんてことない。
あっという間に来れちゃうんだなぁ、が素直な感想です。

北海道といえば海鮮料理はもちろん、ラムやラーメンやお野菜そのもの……食べるべきものはたくさん!
しかし今回の出張はたった1泊2日。
つまりディナーを食べる機会は、たった1度!
これは慎重にならなくてはなりません。

色々なサイトを調べ、北海道出身の友人に連絡を取り、散々迷ったあげくディナーに選んだのはわ

ラム肉。

いやぁ、肉が食べたくなっちゃいました。予想以上の北海道の寒さに、海鮮料理を断念したのもあります。
国内出張だからと大した準備もしなかったのですが、これは少し反省…私みたいにノースリーブを着ている人なんて1人も見かけませんでした。

そんなこんなで震えながらも予約したお店に行くと、入口から既にいいにおい。
店内に入ると充満した煙がぶわっと鼻腔に潜り込み、食欲を刺激します。
とりあえず生ビールを頼みメニューを見ると、なんと生ラムがあるじゃないですか!
ビールが届くや否や生ラム2人前を頼みひとりニヤニヤしていると、すぐに店員さんが生ラムを届けてくれました。
綺麗な赤色、適度に引き締まった身……たまりません。
追加の注文も後回しにラムを焼き、専用のタレに付けて、バクりと1口。

もう、これだけで北海道に来た価値があります。

ラムが好きで東京でも食べるのですけれども、こちらのラムの方が香りが豊かなのにいやなクセはなく、食感も最高。
少しニュージーランドで食べたラムに似ている気がします。
1口食べて気に入った私は、そのまま一目散にラムを食べ続け、ふと気がついた時にはお腹が破裂するほどの満腹でした。
ちょっとがっつきすぎた気もしますが、たまの出張の時くらいは大目に見ちゃいます。

明日の仕事を考えると胃が痛くなったりもしますが、ひとまず美味しい食事とホテルで大浴場に入れたことに感謝!
私はわりかし単純なので、美味しいご飯とあったかいお風呂で簡単に幸せな気持ちになれます。
後は上質な睡眠だけ……

ということで、おやすみなさい。